暑い時に着るTシャツなのに、汗が染みてカッコ悪いというジレンマ。腕を上げたら脇のところがビッショリ濡れているのは恥ずかしいものです。

これは諦めるしかないのでなるべく汗が目立たない色を着るしかないと思っていたのですが、最近は新素材でできたTシャツがそんな悩みを解決してくれるようです。

今はこの2種類が出ていますが、どちらも甲乙つけがたいほど高機能です。

①ナノシア加工のTシャツ

表面に汗が出ないナノシア加工という処理が施されているTシャツ。

汗をかいても表面上はほとんど気が付かないほどです。敢えてかはわかりませんが「汗が目立つ色No.1のグレー」で出しているところが自信満々って感じですね。

Upscape Audience ナノシア汗止め加工プライマリー天竺Vネックカットソー

 

種類は多くないけど、他にもこうしたシャツはあるようです ⇒ ナノシア加工のシャツ一覧

 

②パイル生地のTシャツ

パイル生地というタオルのような生地で作られたTシャツも汗をすぐに吸収して乾燥させてくれますね。汗をかいてもべったりとせずに、さらっとした感じで着られるので、夏は特に重宝するTシャツです。見た目も結構好きって人は多いと思います。


パイル無地クルーネックポケットTシャツ

パイル生地のシャツなら種類は結構ありますね ⇒ パイル生地のTシャツ一覧